ブログAが低迷中だけど・・・

 

ブログA(雑記ブログ)が低迷中。久々にアナリティクス見たらアクセスが先月の半分ペース。7月最初の5日間くらいは好調でホクホクしていたのですが、忙しさと共にアクセスも収益もダダ下がり。とりあえずの更新が良くなかったのか?でも、間を開けるともっと下がる。

 

そんな低迷期間に入っている中、問い合わせフォームから1件のメールが届いた。とある出版社の編集部から書籍の献本をしたい&著者によるトークミニイベントの案内。

 

マジっすか?私のブログ今月は1日100アクセスくらいまで落ちてるのに。

 

私のブログAはブックレビューもしている。しかもその書籍は先月私がアマゾンの欲しいものリストに入れていたものだった。ブログAの守備範囲。自分で購入して読めば感想をアップすると思う。

 

夫にメールを見せたところ、「7カ月ちょっとの素人運営のブログでこんな依頼がくるのはおかしいだろう。献本はともかくイベントは洗脳セミナーか高額商品を買わされる類だ。」とごもっともな感想。私もそう思った(笑)。

 

出版社と書籍と編集者の名前はネットで見る限りは一致していた。出版社名はもしかしたら聞いたことあるような、ないようなという規模です。

 

本は欲しいが、正直頂いてもいいのか迷った。

 

先方が献本する理由は本を宣伝してほしいからだろう。イベントの案内または感想も望んでいるだろう(イベントはサクラとしてかな?)。こんなちっさいブログに宣伝効果あるのか謎だけど。そして、こんな規模の小さいブログでも献本の依頼があるということは、ブログが育ったらもっといろいろな話が良くも悪くも舞い込むのであろう。

 

これは最初に方針を決めないと。何でもホイホイ受ける訳にもいかない。

・送り主と献本であることをブログに記載する

・どうしても本の趣旨に賛同できない場合はブログで紹介しない

それでも良ければ頂くということにした。

 

あと、本の送付となると住所等を伝えなければならない。仕方ないけどその辺りも不安。Kindleでの献本ができるのか伝えた。著者のトークミニイベントも詳細がよく解らないので、どこかの企業とタイアップして即売会のようなイベントなのかも尋ねた。

 

ちなみに普段の私は小心者で日常の対人関係ではこんなに突っ込めない(笑)。「ブログは仕事なのだ」と思って率直な返信メールを書いた。これで以後の音沙汰がなければそれまでの話、と割り切れる。

 

で、返信がなかったので「終わったな」と思っていたら、迷惑メールフォルダに返信が入ってた。危うく見過ごすところだった。自分のブログの問い合わせフォームのメールが迷惑フォルダ行きって・・・。ちゃんと設定しないとダメじゃん。

 

献本に関しては私の条件でOK、Kindleでの献本はできない、イベントは即売会ではないとのこと。イベントの告知や感想は書いても書かなくてもいいとのこと。

 

星の数ほどあるブログの中からなぜかブログAに興味を抱いてくれたということで(もちろん他のブログにもあたっているだろう)、献本を受けることにした。イベントも面白そうな著者なので足を運んでみることにする。その旨の返信を今日した。

 

コメントは相変わらず入らない過疎ってるブログAでもこんな依頼がきた。問い合わせフォームなんて形だけで、コメント欄が嫌な人が利用する、サンプル送付や広告掲載の依頼が収益とともに増えるのかな?くらいにしか考えてなかった。

 

お問い合わせフォーム設置している方は広告掲載依頼、献本、取材、等を想定しておいた方がいいですよ~。ブログの規模とか年数関係なく話は舞い込むと心得るべし。何かの話が舞い込んでも「ラッキー♪」なんて素直に思えないもん。「何かウラがある?」って思っちゃう。


PAGE TOP