誤って削除した記事をキャッシュを利用して復活させる方法

先日のカスタマイズのときにいろいろやらかしたのですが、その中のひとつが「操作を誤って記事を削除」でした。削除したのは1記事だったのでキャッシュを利用して復活しました。その忘備録です。

 

1.該当記事を表示させる

仮に削除してしまった記事を当ブログの「ごあいさつ」とします。

 

「記事名+サイト名」か、URLがわかればURLで検索します。(アナリティクスからURLわかります)

ブログCで実際にやったときは検索結果で該当記事が一発表示されましたが、このブログの「はじめまして」の記事はページ単位で表示されました。

 

2.該当記事の「▼」をクリックする

該当記事もしくは該当ページ番号のURL末尾の「▼」をクリックすると「キャッシュ」と表示されます。

「キャッシュ」をクリックします。

 

3-A ソースの表示(該当記事を直接表示できた場合)

該当記事が一発で表示された場合は「ソースを表示」をクリックします。クリックするとソースが表示されます。(4に続く)

※このブログの「はじめまして」の記事は検索結果がページ単位だったので、ページ単位での表示です。その場合は該当記事を探してクリックします。(3-Bに続く)

 

3-B ソースの表示(ページ単位から該当記事を表示した場合)

該当記事を表示したら右クリックします。「ページのソースを表示」をクリックします。記事のソースが表示されます。(4に続く)

 

 

4.表示されたソースの中から記事の文章を探す

該当ページのソースが表示されるので記事本文を探します。

ずーと下にスクロールします。このブログの「はじめまして」の記事は394行目からが記事の文章となってました。(分かりにくい画像ですみません)

まるまるコピーして、ワードプレスのテキストモードに貼り付けます。

 

5.記事を整えてUPする

画像がある場合は入れ直し、カテゴリーやパーマリンク、記事タイトルを入れます。日付は記事アップ当時の日付にしました。記事の形を整えてプレビューで再確認し、問題なければ「投稿」します。

無事に復活です (((o(*゚▽゚*)o)))

 

キャッシュの有効期限について

※キャッシュには有効期限があります。有効期限内でないとこの操作はできません。ご注意ください。

 

キャッシュの有効期限の調べ方について(PC向け)はこちらが参考になりました。

https://www.imamura.biz/blog/24300

(私の環境では7日となっていました)

 

「これでいつでも復活できるもんねー」と思うと、もっとすごいことやらかす私。繰り返さないようにするぞ( `ー´)ノ

スポンサーリンク