【もしもアフィリエイト】の楽天案件W報酬対象外に

少し前ですが6月15日にもしもアフィリエイトからメールが届きました。もしもの楽天案件がW報酬(10%up)の対象外になるとのことです。

※このメールは楽天グループ案件と提携中の方にお送りしています。

平素よりもしもアフィリエイトをご利用いただきまして
誠にありがとうございます。

広告主様のご要望により、以下の変更が加わります。
————
■内容
楽天グループ案件はW報酬の対象外になります

■時期
2017年7月17日12時前後の成果発生分から
※多少前後する可能性あり

 

もともと「こんな太っ腹で大丈夫!?」と思っていたので、「ああ、やっぱりな」という感じです。

楽天案件の高利率ショップに対応して報酬が現金だもん。末端アフィリエイターの私でさえ着々とリンクの貼り替えをしているくらいだもん。凄い人たちがたくさん押し寄せて恐ろしいくらいの収益が発生する事態になったのでしょう。

 

2,3年くらい前だったかな?自分の住んでいる自治体だけで使える商品券が出ました。現金1万円払えば1万1,000円分の商品券になるというシステムです。

発売と同時にほぼ完売。「どうしようかな?」と呑気に構えていた私は買えませんでした。世間のおトクにかける執念のすさまじさに触れました。

もしもの楽天案件高利率ショップに対応もそれに近いような気がします。ものすごい勢いで刈り取っていく感じ(笑)

 

それから余計なお世話ですが、「2017年7月17日12時前後の成果発生分から」というアバウトさはアリなのか?

その前後に発生した人は「対象なの?対象外なの?」と思うんですけど。私の発生の10%は数円~数十円レベルだから「どっちでもいい」と割り切れるけど、そうじゃない人もいそう。

 

案件の終了や条件変更だけでなく、ASPの制度とかも変更多いですね。アフィリ始める前はここまで諸々の変更が多いとは思っていなかった。

記事入れがはかどっていないので、せめて変更に対応してブログのフレッシュさ(?)を保ちたいのですが、ここのところ変更のお知らせが多くて半泣き状態です。

モデルの契約終了に伴いバナーが変わりました、LPが変わりました、今まで使用できた表記が不可になりました、などなど。

あ、6月(半期)が終わるから契約見直し期ってことなのか。どうにか修正対応するから、案件契約は継続プリーズなのです。「これは!」と思った案件の撤退はツライです。