2位じゃダメなんですか?

アフィリエイト日記

タイトルが古すぎる・・・(/ω\)

検索順位異変

9月2日(土)の起き抜けにボーっとした頭でGRC(無料版)を回したところ、異変発生。この日はnamaz大変動になってた。

1年近くずーっと検索順位1位だったあるワードの私のブログが2位に陥落。

バッチリ目が覚めた。

私が1位を取れるくらいだからロングテールの末端も末端超ニッチなスモールワードです。

でもでもでも、唯一の1位なんだよ~~~。

この小さな1位があったからいろいろ頑張れた。私の心の拠りどころが奪わてしまった。

悔しい。取り戻したい。

冴えない40代主婦にもあったケシ粒並みのプライド。(くだらん)

 

敵情視察

検索ワード1位のサイトをチェックしたところ、プロっぽかった( ゚Д゚)

何をもってプロというのはうまく言えないけど、企業の集客用コンテンツみたいな感じ。

例えていうなら、三井住友VISAカードに「ゼロから始めるクレジットカード」というコンテンツがあるのだが、そんな雰囲気。

相手はここまでの超メジャーな企業ではないんだけど(すみません)

 

一応、ひとつ下の3位のブログもチェック。アドセンスメインのワードプレス。どう見ても収益化目的で運営している個人ブログ。おしゃれな雰囲気漂う素敵なブログであった。うかうかしているとこちらにも抜かれるのではないか・・・?

 

いつの間に手ごわいメンツが揃うワードになってしまったのだろう。

去年は無料ブログの個人の日記ばかりが集うワードだったのに。かつての1ページ目の牧歌的な雰囲気がなくなってしまったでござるよ。

収益に結び付くCVワードではないのになあ。実際どのブログも何にもアフィリエイトしてない。アドセンスのみ。

 

再び1位になるには・・・?

修正をした方がいいのか様子見をした方がいいのかさっぱりわからない。この辺の経験値全くない。

 

1ページ目にいるのは私以外は今年(2017年)に書かれた記事、くらいしか気づくところがなかった。(去年の上位表示は運営歴の長いブログが多かった)

となると、更新をアピールした方がいいのかなあ。

 

記事の内容やボリュームで劣っているようには見えなかった。(節穴の目リサーチ)

あとは私の雑記はジャンルが本当にとっ散らかっているので、テーマの一貫性という点では弱い。1位と3位はテーマの一貫性は私よりもあった。そこかもしれない。一貫性のあるサイトを求められると不利だ。

 

もしリンクの差となると、私は完全に劣勢。

 

経過

久々に読み返すと私の記事そのものが少々読みにくい感じだったので、スムースに流れるように読めるよう修正した。このくらいしか修正できるところが思い浮かばない。(検索からのアクセスが多いので内部リンクは入れてる)

 

その後は 2位→2位→1位→2位→2位 という状態。

 

切に奪還したいのだが、同時に「栄枯盛衰」という言葉も浮かぶ。長期にわたり上位キープするのはやっぱ大変なんだ。あんなに小さいワードなのに。

 

ブログ運営いろいろあるなあ。