【もしもアフィリエイト】楽天高利率成果に対応

2017年3月30日

2017年3月30日にもしもアフィリエイトの楽天案件が高利率成果に対応したとのことです。

↑↑↑高利率成果に対応するリンク作成の条件がいろいろ書かれています。内容を理解してからご利用ください。

 

今まで【もしも】の楽天案件はすべて1%だったので、私は楽天の1%案件はもしも、高利率案件は楽天アフィリのアフィリリンクを貼り付けていました。そんな私は今回の対応ですべての楽天案件を【もしも】で統一できます。

 

【もしも】なら、楽天案件を楽天ポイントではなく現金で受け取れます。アマゾン案件も然り。アマゾンは5,000円から現金で受け取れますが、300円の振込手数料がかかります。【もしも】なら振込手数料かかりません。

 

ただし、今までの楽天アフィリリンクは張り替えないとダメだそうです。おまけに現時点では【もしも】の管理画面からは高利率商品がわからないとのことです。

Q:高料率成果となるアフィリエイトリンクで誘導された消費者が、別の店舗で商品を購入した場合は?
A:高料率ではなく、1%で成果発生します。アフィリエイトリンクで誘導した店舗そのもので購入まで至った場合には高料率で成果発生します。

Q:これまで使っていたアフィリエイトリンクでも高料率成果が出るようになったの?
A:いいえ、違います。アフィリエイトリンクは、2017/03/30以降に発行されたものを使っていただく必要があります。また、前述の通り、店舗配下ページへリンクする必要があります。どこでもリンク機能をご活用ください。

Q:どの商品が高料率の商品なのかは、もしもアフィリエイト管理画面からわからないの?
A:現時点ではもしもアフィリエイト管理画面に高料率対象商品のリストを表示することはできていません。近々、表示できるようにするための追加開発を予定しています。恐れ入りますが、もう少々お待ちください。

現状ではいろいろと手間がかかりますが、私はやっぱ現金で受け取りたいので貼り替えるつもり。

 

少し前に楽天銀行の口座開設したんだけど、無駄な行動になってしまったような。

 

【もしも】の特徴

W報酬制度

【もしも】はW報酬制度といって、通常報酬の他にボーナス最大10%を上乗せしてくれます。月末全報酬に応じてボーナス最大10%だそうです。アマゾン案件はボーナズ対象外です。楽天案件については書かれていないのでボーナス対象になるのかな?

こんな太っ腹で大丈夫なんだろうか?

最低支払は1,000円からです。例えば月末に1,000円の報酬があった場合、ボーナスがMAXで上乗されたら1,100円が支払われることになります・・・多分。(←私はまだ1,000円に届いてないので断定できないというw)

”最大”10%だから、あまり期待しない方がいいのかも。月末確定、翌々月末支払いです。

案件が少ない

楽天、アマゾン案件以外にめぼしい案件がない印象があります。でも、楽天・アマゾン案件を少額から現金で欲しい人には、それだけでも充分価値があるように感じます。


PAGE TOP