激戦ジャンルの洗礼

昨日ブログC(健康系)で激戦ジャンルの商品レビューにトライしました。

 

トライした商品は「青汁」。ASPに始めて登録したときは「青汁」案件なんて縁がないと思ってたのに。続けているといろいろ手を出せるようになります(笑)

 

まずいつものごとく自分の中で狙うキーワードを決めました。商品名を絡めた2語ワードです。最初に決めなくてもいいのかもしれないけど、自分の直感をまず出します。

 

次にキーワードプランナーでチェック。うっかりしてて商品名(1語)だけでチェックしてた。そしたら出てくるワードの検索ボリュームの多少にかかわらず全部「高」。

 

パッと見で何のワードでも激戦ということが判り、これ以上キーワードプランナーを見る気が失せる。シークレットモードで自分の狙った2語ワードを検索。

 

決して「おすすめ」、「比較」、「口コミ」といったベタなワードではないのに、1~2ページ目にいるサイトのクオリティが高いの何の。

 

ガチの皆さんお揃いですね!って感じ。抜かりがない。私のブログでできることが何も残されていない。

 

私のブログCで扱った商品は今まで「実際に試してないでしょ?」という感じの愛のないブログが多くて、ライバルサイトチェックは最初の数回しただけでほとんどしてませんでした。

 

「もしかして今まで扱ってたのはアフィカス案件だったのか・・・?」と気付き、「もしかしたら、この商品は当たり案件なのか・・・?」と妄想が入る。

 

だが、参入の余地がない_| ̄|○

 

改めてよーく見ると、私の狙いたい検索ワードそのものが記事タイトルになっているのは5ページ目まで見たところ4ページ目にいる1件だけ。そしてその1件は違う商品を扱っている記事だった。

 

「あれ、狙ったワードを記事タイトルに入れれば上位表示できるかも!?遂に隙間を見つけた!?」と期待が高まりました。

 

だが、私はリサーチもキーワードも疎い。

もう一度冷静に狙っている2語ワードをよく見ます。

そして気がついた。

このワードはCVワードでも何でもない!

商品を求めていない人を呼ぶワード・・・。

 

やはり根本的なところがズレてた。でも、他に切り口が思い浮かばない。結局その2語ワードを記事タイトルに入れて記事を書きました。ガチ勢と被らないように心がけたら、今まで書いてきた記事のタイトルでいちばんやる気のないタイトルになる始末。

 

 

書いた翌日の今日GRC回したら、その2語ワードで4位となってた。今まででいちばん当たってる。さすがCV無関係のワードだけのことはある。試しに検索かけて確認したら、ガチ勢の中にゆるタイトルが紛れてた(笑) でも、今までの経験から明日以降ガクンと下がるのは予想がつきます。

 

おこぼれだけでも・・・という淡い思いは無残に打ち砕かれたのでした。

 

湘南にお店を出したいのに、藤沢と平塚と茅ヶ崎が全滅で、厚木も厳しくて海老名に落ち着く感じ。(そんな私は田舎出身だから海老名は都会だと思ってます。昔、神奈川県央にちょこっと住んでたのでこんな例えになりました。すみません)


PAGE TOP