訪問者の求めるものに近づきたい

CVワードじゃないタイトルをつけた青汁案件のその後について。

 

GRCでは4位→5位→5位→82位→90位→5位→5位という謎展開を見せました。

 

自分なりに考えて狙ったワードが私にしては上位表示されたのですが、全然嬉しくないのです。日に日にしっくりこない感が強まるばかり。記事をupした後はしばらく放置する予定でしたが、あまりのしっくりこなさに「どう修正したらいい?」が頭を離れない始末。

 

だって、このキーワードから商品を求めている人が入ってくると思えないもん。これって致命的じゃん。「やっぱ修正でしょ!」ということで修正。

 

もういちど原点に立ち返る。商品や商品ページ、商品カタログをじーっとにらめっこ。「小さいけど、ここを訴求ポイントにできるんじゃないか?」という箇所を発見。何よりもこの商品を欲しいと思う人をもう一度イメージしてみる。

 

これでいこうと思えるワードが出てきた。再びキーワードプランナーや他サイトチェック。キーワープランナーでは検索ワードが出てこなかった(ーー゛) シークレットモードでサイトチェックしたら、相変わらず凄いサイトばかり。でも、タイトルに入ってるサイトはほとんどない。

 

今回考えたワードはCVワードとしてはまだ弱い感じもするけど、最初に考えたワード&タイトルよりは訪問者のニーズに近づいている気がする。こっちのほうがしっくり感がある。なのでタイトルを変え、タイトルに合った内容を書き加えた。

 

GRCの登録ワードを入れ替えて日々チェツク。9位→6位→5位→7位→8位→7位→9位→6位→8位。ギリギリ1ページ目といったところ。末端ロングテールなので1ページ目でもケシ粒のような存在に感じる。でもトライだ。

 

今回修正して思ったのは、1つの商品のニーズやターゲットはひとつじゃない。そしてニーズやターゲットが変われば記事の内容も変わる・・・当たり前のことなんだけど腑に落ちた感じ。

 

正解はひとつじゃない。

 

まだ手応えを得てない段階の私はダメだったらあれこれ試していけばいいんだ。いっそ「どれだけ時間がかかるかな?」と楽しむくらいでいこう。